銀行の預金の払戻しと相続放棄

複数の相続人がいる場合、通常、銀行は遺産分割協議がまとまるまで
その証拠を手にしない限りは被相続人の口座を凍結します。

凍結を解くには

★遺産分割手続が完了した後、相続人全員に対して戸籍謄本や印鑑証明書を準備

★遺産分割協議書の準備

★一緒に銀行定型の相続届けの提出

このうえで、払戻しをするのが一般的です。

相続の放棄は、相続の開始後3ヶ月の考慮期間内に家庭裁判所に申立てることによってすることができます。

1.申立先の家庭裁判所

申立て先は家庭裁判所です。
被相続人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所です。

2.申立人
相続人から申し立てをします。
(相続人が未成年者または成年被後見人である場合は、その法定代理人(親など)が代理して申立ます。)

未成年者と法定代理人が共同相続人となっている場合で、
未成年者のみが相続放棄をする場合や
あるいは複数の未成年者が相続人の場合で、その法定代理人が
一部の未成年者を代理して相続放棄をする場合・・・・・・

このケースに該当する場合には、当該未成年者について特別代理人の選任が必要となりますので注意ください。
特別代理人の選任・・・・・家庭裁判所に対して申し立てをします。

★申立にかかる費用
申立人1人につき収入印紙800円分
連絡用の郵便切手(申立先の家庭裁判所に確認すること)

★申立に必要な書類
(1) 相続放棄の申述書
(2) 申立人の戸籍謄本
(3) 被相続人の除籍謄本
(4) 被相続人の住民票の除票
*これら以外にも案件により必要となる書類があります。

相続の手続を任せたいなら横浜へ行くべし
横浜には相続の手続の実績が圧倒的に多い専門家集団の組織があるのです。
www.souzoku-shien.net/

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む