困った事情の時の相続と借金についての扱い

相続は、何もしないで3か月経過すると単純承認したことになります。

相続放棄というのは、その人の財産および負債をすべて放棄するものです。通常は土地や建物と言った不動産価値のあるものの時価やその他の有価証券・現金などのすべての財産額と借金やローンなどの負債額を計算して、財産額の方が高い場合、相続するというケースが一般的です。
“困った事情の時の相続と借金についての扱い”の詳細は »

相続税の算出方法の表にする

相続開始前3年以内の贈与による財産の移転については相続税で処理するという方法をとっているようです。

贈与財産・・相続開始前3年以内に被相続人から贈与を受けた財産がある場合は、その価額を相続財産(課税価格)に加算しなければなりません。例えば、相続開始日が2010年10月1日としたら、2007年10月1日がこの贈与加算対象日となります。贈与税は相続税を補う税金なので死亡による財産の移転があった場合は、相続税で税を徴収するのが本来の姿であるということから、相続開始前3年以内の贈与による財産の移転については相続税で処理するという方法をとっているようです。
“相続税の算出方法の表にする”の詳細は »

職員は相続税について勉強する

相続税の基礎控除は5000万円+1000万円×法定相続人の数が基本

相続税の基礎控除は5000万円+1000万円×法定相続人の数
が基本となりこれ以下であれば相続税は加算されません。

1)課税価額の算出
正の財産(相続時清算課税の額や非相続人の死亡3年以内の
贈与を含める)-負の財産(負債)-葬儀費用等
“職員は相続税について勉強する”の詳細は »

相続税は生前から対策をしよう

養子縁組をして相続節税対策をしている有名人などを見たことありませんか?

譲渡・・・低額譲渡は贈与の認定がされるので、
時価の2部の1より高い価格で譲渡が必要。
譲渡税は譲渡価格から保有期間によって
「長期譲渡譲渡税」か「短期譲渡税」がかかります。
このほかにも名義の変更登記に登録免許税、
登記手数料が必要です。
“相続税は生前から対策をしよう”の詳細は »

最新の記事 »