カテゴリー: 増税の時代になっても怖くない準備

相続人に養子がいるときの考え方

相続税の計算をする際、養子はどのように扱われるのでしょうか

相続税の計算をする場合、次の4項目については、法定相続人の数を基に行います。


“相続人に養子がいるときの考え方”の詳細は »

相続における動産の評価

一般的には相続における遺産分割時に新品か中古品として調達する金額の評価になります。

不動産以外のすべてのモノを「動産」といいます。
これも承継する財産の一部です。

宝石や家具や美術品、車両など様々なものがあります。

一般的には遺産分割時に新品か中古品として調達する
金額の評価になります。

また車両などは売却した場合の価額になります。
“相続における動産の評価”の詳細は »

相続税の割増があるんですよ

相続税の額から一定の金額を差し引くことができる場合があります。控除を受けるには、各種要件を満たしている必要があります。

相続税の割増

税額の控除をいままでお話してきましたが財産を習得した
人により、さらに相続税を割増される場合もあります。
相続税とは … から財産の移転を受けた場合にかかる税金です。
この相続税は、相続や遺贈、遺言に 配偶者および一親等の
血族(子か親)以外の人が財産を取得した場合には、
2割増の税額となります。
“相続税の割増があるんですよ”の詳細は »

職員は相続税について勉強する

相続税の基礎控除は5000万円+1000万円×法定相続人の数が基本

相続税の基礎控除は5000万円+1000万円×法定相続人の数
が基本となりこれ以下であれば相続税は加算されません。

1)課税価額の算出
正の財産(相続時清算課税の額や非相続人の死亡3年以内の
贈与を含める)-負の財産(負債)-葬儀費用等
“職員は相続税について勉強する”の詳細は »

相続税は生前から対策をしよう

養子縁組をして相続節税対策をしている有名人などを見たことありませんか?

譲渡・・・低額譲渡は贈与の認定がされるので、
時価の2部の1より高い価格で譲渡が必要。
譲渡税は譲渡価格から保有期間によって
「長期譲渡譲渡税」か「短期譲渡税」がかかります。
このほかにも名義の変更登記に登録免許税、
登記手数料が必要です。
“相続税は生前から対策をしよう”の詳細は »